柏市と市民・企業が一体となり、より良いエコ活動を推進します。

会員規約

運営規定

I.通則

(目的)

第1条
この規定は、本協議会の定款の定めるところに基づき、組織、運営に付いてより子細に規定し、事業の円滑な実施をはかることを目的とする。

(改変、廃止)

第2条
本規定の改変、廃止に付いては、この規定に定める会員総会の決議に基づき、理事会の承認を得て会長がこれを実施する。

(組織の構成)

第3条
本協議会は、一般社団法人・財団法人法に規定する事項および定款の定めるところにより、社員による社員総会を最高意思決定機関とし、社員総会の決議を持って選出される理事、理事の互選により定める会長、副会長を業務執行に責を負う役員とする。
  1. 本協議会は、本規定に基づき、広く会員を募集し活動を行うものとする。 ただし、会員は社員となることを必ずしも要しないものとする。(「Ⅱ.会員」にて詳細を規定)
  2. 本協議会は、事業の円滑な実施をはかることを目的とし、会員総会をもって会員の総意とし、その議決事項を理事会および社員総会に提案できるものとする。(第10条にて詳細を規定)
  3. 理事会および社員総会は、会員総会より提案を受けた場合は、これを審議し決議するものとする。
  4. 会長は、会員を代表し本協議会の組織、運営、管理に直接意見し、業務執行に責を負う運営委員を任命することができる。(「Ⅲ.運営委員」にて詳細を規定)
  5. 運営委員は、運営委員会を組成し、自ら代表する者を定め、業務執行にあたるものとする。(第11条、第12条にて詳細を規定)

Ⅱ.会員

(会員)

第4条
本協議会の会員は、市民、事業者、大学関係者、地方公共団体、その他本協議会が認めた者で、下記の3種の会員で構成される。
  • (1) 正会員 本協議会の目的に賛同し、本協議会の活動に積極的に関与・協力し、会長の承認を得た法人・団体または研究者等個人
  • (2) 特別会員 理事会および運営委員会が本協議会の目的及び事業に照らして加入を勧誘し、会長の承認を得て加入する法人・団体または研究者等個人
  • (3) 一般会員 本協議会の事業に協力し、会長の承認を得た柏市内に居住または勤務先がある個人

(入会)

第5条
本協議会に入会しようとする者は、入会申込書を提出し、会長の承認を受けなければならない。
  1. 会員が死亡し、又は解散したときは、退会したものとみなす。

(入会金および会費)

第6条
正会員は、別途定める入会金および会費を納入しなければならない。 但し、個人である正会員は、入会金を要しない。
  1. 一般会員は、別に定める会費を納入しなければならない。

(会員の資格の喪失)

第7条
会員が次の各号の一に該当する場合には、その資格を喪失する。

退会したとき
成年被後見人又は被保佐人になったとき
破産手続開始、民事再生手続開始、その他一切の法的倒産手続の申立て
死亡し、若しくは失踪宣言を受け、又は解散したとき
除名されたとき
理事会または運営委員会の同意があったとき

  1. 会員は、退会しようとするときは、事務局にその旨を届け出なければならない。

(除名)

第8条
当法人の会員が、当法人の名誉を毀損し、若しくは当法人の目的に反するような行為をしたとき、又は会員としての義務に違反したときは、会員総会の特別決議によりその会員を除名することができる。この場合、当該会員に対し、会員総会の1週間前までに、理由を付して除名する旨を通知し、会員総会において、決議の前に弁明の機会を与えなければならない。
  1. 前項により除名が決議されたときは、当該会員に対し通知するものとする。

(会員名簿)

第9条
本協議会は、定款に定める社員の他、各会員の氏名又は名称及び住所、会員の区分を記載した名簿を作成する。

(会員総会)

第10条
会員総会は、必要に応じて運営委員長が招集し、開催する。
  1. 会員総会は、本協議会の組織、運営、管理その他の事項について、会員の総意を決議し、これを社員総会に提案することができる。
  2. 会員は各1個の議決権を有するが、会員総会への出席をもってのみそれを行使できるものとする
  3. 会員総会の決議は、出席した会員の議決権の過半数をもってこれを決する。
  4. 会員総会の議長は、運営委員長がこれに当たる。運営委員長に事故があるときは、会長が代行することができる。
  5. 会員総会の議事については、運営委員会が議事録を作成し、本協議会がこれを保存する。

Ⅲ.運営委員

(委員と選任等)

第11条
役員の任務は次のとおりとする。
  1. 運営委員は、互選により1名を運営委員長とする。

(運営委員の職務)

第12条
運営委員は、会員を代表して会長および理事を補佐し、本協議会の組織、運営、管理について意見するとともに、業務を執行に責を負って実施する。
  1. 運営委員長は、会員総会を招集し、議長を務め、会員の総意を決議する。
  2. 運営委員長は、全運営委員で構成する運営委員会を組成し、運営委員会を招集する。
  3. 運営委員会は、会長の求めに応じて委託事項に付いて決議すると共に、全会員に対し意見招請を行いそれを取りまとめる。

(任期)

第13条
運営委員の任期は、選任後2年以内に終了する事業年度のうち、最終のものに関する定時社員総会の終結の時までとし再任を妨げない。
  1. 補欠として又は増員により選任された運営委員の任期は、前任者の任期の満了する時までとする。

(報酬等)

第14条
運営委員は、無報酬とする。ただし、常勤者には、報酬を支払うことができる。

Ⅳ.事務局

(設置等)

第15条
本協議会の事務を処理するため、事務局を設置する。
  1. 事務局には、事務局長及び所要の職員を置く。
  2. 事務局長及び職員は、会長が任命する。
  3. 事務局の組織及び運営に関し必要な事項は、理事会の議決を経て、会長が別に定め

(備付け帳簿及び書類)

第16条
前条の事務所には、常に次の帳簿及び書類を備えておかなければならない。
  • (1) 定款
  • (2) 社員名簿及び社員の異動に関する書類
  • (3) 理事及び職員の名簿及び履歴書
  • (4) 会員名簿及び会員の異動に関する書類
  • (5) 許可、認可等及び登記に関する書類
  • (6) 定款に定める議事に関する書類
  • (7) 収入及び支出に関する帳簿及び証拠書類
  • (8) 資産、負債及び正味財産の状況を示す書類
  • (9) その他必要な帳簿及び書類

付則

この規約は、平成23年12月1日から施行する。
Copyright © 2009-2017 一般社団法人 かしわ街エコ推進協議会 All Rights Reserved.